ニキビは毛穴の中でアクネ菌が繁殖してできる!

 

ニキビは10歳代の若者だけでなく、20歳を過ぎて成人してからでも大人ニキビとして発症します。

そんなニキビの原因となる菌と言えば、多くの方が知っていると思いますがアクネ菌です。

そのアクネ菌は、どうしても美肌の大敵とか、ニキビのもと、殺菌しなければならないなどと思われがちで悪者扱いされていますが、実は、全ての肌に存在して誰でもが持っている菌であって、一種の善玉菌です。

必ずしも悪い働きばかりしているわけでなく、肌にとって必要な菌なのです。

本来、アクネ菌は、皮膚の酸性度を整え、病原菌の繁殖を防ぐ働きをして皮膚の健康を守ってくれるので、ニキビのお悩みと関係ない方にとっては、とってもありがたい存在なのです。

しかし、皮脂の分泌が過剰に増えたり、ターンオーバーが乱れたりして毛穴が塞がって、そこに皮脂が溜まるとアクネ菌は大暴走を始めます。

その毛穴に詰まった皮脂を栄養源としてパクパク食べ、不必要に繁殖していって炎症を起こしてしまいます。

これが一般的に赤ニキビといわれる状態です。

さらに、炎症がひどくなると膿をもってブヨブヨに腫れ上がり、「膿庖性座瘦」という状態になります。

この状態になった毛穴の中は、増えすぎたアクネ菌を白血球が攻撃している最中で、この戦いが激しくなると毛穴の壁自体も壊れて、広範囲に炎症が広がり痛みも伴うようになります。

最後は、膿が外に排出されるか、肌の中に吸収されるなどしますが、陥没してニキビ痕が残る場合もあります。

アクネ菌は、酸素を嫌い、皮脂を好む習性があるので、毛穴に皮脂が詰まった状態を放っておいたり、肌を不衛生にしておくと、どんどんアクネ菌が繁殖してニキビを発症させることになります。

また、ニキビができてしまったものはしょうがないので、触ったり、擦ったりして傷つけないように注意して下さい。

傷口から炎症を起こしてしまうとシミとして残ってしまう恐れがあります。

アクネ菌を繁殖させてニキビの始まりの状態を避けたいのであれば、毛穴が塞がれない健康的な肌の状態を保つことです。

ニキビを予防する基本的なスキンケアとしては、1日、朝と夜の2回の洗顔で清潔な状態を保ち、洗顔後はしっかりと潤いを与えて保湿し、肌を乾燥から守ることが必要です。

肌が乾燥状態に陥ると、厚くてゴワゴワした硬い古い角質細胞が毛穴のまわりに溜まって毛穴が塞がれやすくなってしまいます。

また、睡眠不足や栄養が偏った食事、ストレスなどから体内のホルモンバランスが崩れてニキビ発症の要因を作ることになるので、規則正しい生活習慣を送るように心掛けましょう。

 

 

紫外線から髪と頭皮を守りましょう!

 

紫外線を浴び続けると肌のシミやシワ、たるみなどを招き、肌の老化を早めてさまざまなトラブルの原因になるので、美を求める女性ならしっかりと紫外線対策は行われていると思いますが、肌だけでなく髪と頭皮にも悪影響を与えてしまいます。

しかし、紫外線が肌に悪いことは一般的に浸透していますが、髪や頭皮への影響は、まだまだ意識が低くあまり知られていないようです。

多くの方は、パーマやカラーリングなどが最も多く髪にダメージを与えるものと思い込んでいるようですが、紫外線を浴びることで頭皮は乾燥に傾き、活性酸素も発生して老化を促し、その結果、薄毛や抜け毛を引き起こすことになります。

このように髪と頭皮にとって紫外線は非常に怖い存在になります。

また、髪は紫外線を浴びるとキューティクルにダメージを受け、髪のパサつきや枝毛、切れ毛などの症状を引き起こします。

さらに、髪の内部にあるメラニンまでも分解してしまいます。

頭皮は、紫外線の影響で乾燥に傾き、特に分け目の部分は紫外線を受けやすく日焼けして赤茶系に変わってしまっている方もいらっしゃいます。

頭皮も顔もつながった同じ皮膚でできているので、シワができたり、乾燥したりして影響を受けるのは当たり前のことなのです。

頭は、体の中で一番高いところにあって最も太陽に近く、紫外線が当たりやすい部位なので、受ける影響は甚大です。

「頭皮は髪に隠れているから・・・」と、帽子もかぶらずに外出する方がいらっしゃいますが、紫外線は、肌の表皮を通り越して真皮までしっかりと届き、シワや乾燥、たるみなどの症状を引き起こしてしまいます。

このように、紫外線の影響で頭皮の老化が進むと、薄毛や抜け毛、白髪などの症状があらわれ、見た目の印象も老けた感じになってしまいます。

美しい髪を保つには、紫外線から髪と頭皮をしっかりと守らなければなりません。

しかし、曇りの日や冬の時期は紫外線が弱くなっているからと、つい、手を抜いてしまいがちですが、紫外線は雲を通過して1年中地表に降り注いでいます。

また、日陰にいたとしても、紫外線は空気中で散乱光して四方八方に広がっていますので要注意です。

必ず外出する時は、帽子をかぶり、日傘を使うようにしましょう。

ちなみに、紫外線のことをUVと言いますが、これは「ウルトラ バイオレンス レイ」の略です。

そして、紫外線には、A波(UV-A)とB波(UV-B)があり、どちらも肌に悪影響を与えますので防がなければなりません。

また、A波は、肌内部の真皮まで浸透して老化を促進し、B波は、肌を焼いて赤くヒリヒリになるほどの強いエネルギーを持っています。