背中やお尻のニキビの原因と予防

 

ニキビは顔だけでなく背中やお尻などにもできて、実際に多くの方が、背中やお尻のニキビで悩まされています。

女性なら誰でも、毎朝、鏡で自分の顔をチェックすると思うので、顔にできるニキビは直ぐに確認できますが、背中やお尻などにできるニキビは、なかなか気が付きにくいものです。

それでも、背中やお尻にできたニキビを見つけると、どうしても気になって触ってみたり、擦ってみたりしてしまいます。

特に入浴時には、ニキビができていると分かっていてもボディブラシや硬いタオルで強くゴシゴシと擦ってしまいがちです。

このようにゴシゴシと強く擦ると、ニキビのブツブツが取れて、何となく治ったように感じられますが、実は、この行為は、炎症を起こしてシミになってしまう恐れがありますので要注意です。

体を洗う時は、柔らかな綿タオルを使い、ニキビを傷つけないように十分注意し、できればボディソープでなく、ニキビになる可能性がある油分が少ない固形石鹸がオススメです。

それに、ニキビができやすいところは、余分な油分がニキビの原因になるケースもあるのでボディクリームは控えるようにしましょう。

そして、背中やお尻のニキビができる原因を知って、予防することが大切です。

背中やお尻などは、汗で蒸れやすい場所で、さらに、洗髪した時のシャンプーやリンスの洗い残しが背中に残っていると、肌を刺激してニキビの原因になります。

また、衣類の刺激によって悪化してしまうこともあるので、チクチクするようなニットの衣類は控えるようにしましょう。

1日中、ディスクワークという方は、お尻の肌が長時間の圧迫を受けおり、さらに、汗で蒸していたり、下着で擦れていたりというニキビができやすい環境にあります。

ですので、まずは、汗の吸収性がよく、風通しがよく、肌触りのよい木綿の衣類を身に付けるようにし、入浴時は、洗髪を終えてからシャンプーやリンスが背中に残らないように体を洗うようにしましょう。

そして、夏場は、朝晩シャワーを浴びて、こまめに汗を拭き取って清潔な状態を保つことが必要です。

このようなことが、背中やお尻のニキビの原因になりますが、そもそも大人ニキビの大きな原因は生活習慣にあります。

毎日、最低でも6時間の睡眠を確保し、栄養バランスの良い食事を摂り、適度な運動を行って、ストレスを溜めないという規則正しい生活を送ることが大切です。

まずは、規則正しい生活習慣を身に付けて、背中やお尻の対策を行いましょう。